カーボンフットプリント管理市場、2025年には122億ドルに、CAGRも6.2%で成長すると予測

世界のカーボンフットプリント管理市場規模は、2020年の90億ドルから2025年には122億ドルにまで成長し、予測期間中は年平均成長率(CAGR)6.2%で成長すると予測されています。カーボンフットプリント管理ソフトウェアは、炭素排出量の遵守の必要性から、企業が業種を超えて採用するケースが増えています。これにより、業界全体でカーボンフットプリント管理ソフトウェアの需要が増加しています。世界各地での政府の取り組みの増加は、カーボンフットプリント管理市場の成長を後押しすると予想されています。

カーボンフットプリント管理の世界市場

導入形式別では、クラウドセグメントが市場規模を拡大

クラウド形式では、データの管理が容易になるだけでなく、データ損失のリスクや法規制遵守に関連する懸念を軽減することができます。このようなメリットから、安全性とセキュリティを確保するためにクラウドベースのソリューションを選択する企業が増えています。企業は、企業のニーズやユーザーの要件に応じて、クラウドベースのソリューションを導入するケースが増えています。クラウド形式には、拡張性の向上、スピード、24時間365日のサービス、ITセキュリティの強化などのメリットがあります。

予測期間中に市場規模が最大になるのはエネルギーおよびユーティリティ

IEAによると、2010年以降、世界のエネルギー消費量は平均成長率の約2倍に増加しています。この増加の原動力となっているのは、世界経済の堅調さと、世界の一部の地域における冷暖房需要の増加です。化石燃料、天然ガス、太陽光、風力エネルギーの需要は、ここ数年で二桁の伸びを示しています。より多くの電力が必要とされていることから、エネルギー需要も急増しました。その結果、2017年のCO2排出量は1.7%増加しました。

市場規模が最大となる北米

Statistaによると、2018年、北米は約60.3億メートルトンのCO2を排出しました。世界各国の政府や国際機関は、世界の気温上昇を2度に抑える目標を設定することで合意しています。二酸化炭素情報分析センター(CDIAC)によると、現在の化石燃料とCO2排出量の約91%は米国からのものです。北米からの排出量は1950年の46.4%から2008年には20.5%まで減少しています。しかしながら北米の一人当たりの地域排出量は一貫して高く、他の地域の排出量を上回っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]