世界の医療用発泡体の市場規模、CAGR6.1%で成長、2025年までに372億米ドルに達する

世界の医療用フォームの市場規模は、2020年の277億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2025年までに372億米ドルに達すると予測されています。この市場の成長を牽引する主な要因は、人口の高齢化、世界的な医療支出の増加、埋め込み型デバイス部門の成長、そして高度な創傷治療製品への移行が挙げられます。

医療用フォームの世界市場

出荷量ベースでは軟質発泡体の市場規模が最大となる
発泡体を形状別に見ると2019年に最大のシェアを占めたのは軟質材料でした。このセグメントの成長は、とりわけ寝具およびクッション、医療機器の梱包、創傷治療用ドレッシングの消費によるところが大きいでしょう。軟質フォームは柔らかさ、耐湿性、高衝撃性を持つため、このような用途での利用が多くなります。

予測期間を通じてポリマーが市場の大部分を占める
材料別では、ポリマーセグメントが2019年の医療用フォーム市場の最大シェアを占めています。主に軽量性、保温性、吸音性、生体適合性、優れたクッション性などの特性によるものです。医療用途で使用されるポリマーフォームには、ポリウレタンフォーム、ポリスチレンフォーム、ポリオレフィンフォームなどがあります。ポリマーセグメントは、今後も医療用フォーム市場の大部分を占めるでしょう。

寝具・クッション向け市場が最大となる
高齢化人口の増加と患者の快適さの追求が、寝具・クッションのセグメントを牽引すると予想されます。軟質フォームは弾力性が高く、寝具や室内装飾品に適しています。とりわけ外科用ベッド、クッション、コンフォート/ポジショニングパッド、車椅子用シート、整形外科用支持具によく利用され、寝具およびクッションに対するニーズを支えています。

アジア太平洋は予測期間中に最高のCAGRで成長する
アジア太平洋地域は、2019年に世界の医療用フォーム市場で最大のシェアを占め、ヨーロッパと北米がそれに続きました。中国はアジア太平洋地域における医療用フォームの主要な消費国の1つです。中国市場は人口動態の変化、ヘルスケアへの支出の増加、産業の発展、経済状況の改善により、成長を見せています。

主要市場プレーヤー
ダウ・ケミカル・カンパニー(米国)、積水化学工業株式会社(日本)、Huntsman Corporation(米国)、Trelleborg AB(スウェーデン)、BASF SE(ドイツ)、Recticel NV(ベルギー)、イノアックコーポレーション(日本)、UFP Technologies、Inc.(米国)、FXI Holdings、Inc.(米国)、Armacell International SA(ドイツ)、Rogers Corporation(米国)、Freudenberg Group(ドイツ)、Molnlycke Health Care(スウェーデン)は、世界の医療用フォーム市場の主要企業の一部です。 これらの企業は未開拓の市場や潜在的な市場でのビジネス拡大を目的に、拡大、買収、定型などの戦略に注力しています。医療用フォーム市場での位置づけを強化するために、さまざまな有機的および無機的な成長戦略を採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]