食品カプセル化の市場は、2025年には141億米ドルに達すると予測され、CAGRも7.5%を記録する見込み

世界の食品カプセル化市場は、2020年には99億米ドルと推定され、2025年には141億米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは7.5%を記録しています。市場は主に、食品・飲料業界におけるカプセル化香料の使用の増加と、機能性成分のマイクロカプセル化の採用が増加していることに牽引されています。

食品カプセル化市場

ビタミンとミネラルは機能性食品や栄養補助食品向けにカプセル化される成分として最も一般的である

ビタミンは、人体の様々な部位に有効な栄養特性を持つため、食品に使用される機能性成分です。そのため、食品成分として添加する場合、ビタミンの標的化され制御された放出が重要になります。したがって、ビタミン類のカプセル化は、その目的とする効果のために主に採用されています。また、ビタミン類に続いて、香料のカプセル化もその素材の味や香りをコントロールして長時間放出させるために活発になってきています。

栄養補助食品市場は、2025年には最も高いCAGRを記録すると予測される

栄養補助食品の需要は先進国、発展途上国を問わず、ミレニアル世代の間で増加傾向にあります。ビタミン、酵素、ミネラルは、栄養補助食品の主要な構成成分の一部であり、目的を絞った使い方が必要とされます。また、業界の専門家は、カプセル化の採用率が今後5年間で最も高くなるのはサプリメントの分野であると予測しています。

多糖類は食品のカプセル化において最も好まれる外殻素材である

多糖類部門は、2018年の外殻素材市場で最大シェアを占めており、2025年まで同じ傾向をたどると予測されています。多糖類は、配糖体結合された単糖分子の繰り返しの組成物であります。多糖類は化学的に容易に修飾でき、多様な質感と粘性をもちます。その巨大な分子構造と生物活性物質を取り込む能力のために、多糖類はこの種の送達システムに最も適した構成要素と考えられています。

カプセル化の方法では、物理的な方法でカプセル化された原料が大きなシェアを占める

食品のカプセル化は、一部の原料製造会社の機能性食品の原料、香料、着色料などとして需要があります。高度な技術の使用に伴い、原料の価格が上昇します。製造業者はコストを抑えるためにローコストなカプセル化の方法を好みます。したがって、食品原料のカプセル化には物理的な方法が最も需要があります。

アジア太平洋地域の食品カプセル化市場は、2019年から2026年まで最高のCAGRで成長すると予測されている

アジア太平洋地域の市場の成長を促進する要因には、飲料および高級食品業界での香料と着色料のカプセル化があります。消費者の間で機能性食品や栄養補助食品の利点に対する認識が高まり、可処分所得が増加しているため、消費者は付加価値のある製品にプレミアム価格を支払うことを望んでいます。そのため、メーカーは中国やインドなどの国でこの機会をつかみ、カプセル化市場でのビジネスを拡大してきました。また、小規模企業が市場に後発のカプセル化製品を競争力のある価格で提供しているため、認知度がさらに高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]