鉄筋の市場規模、2025年までに2,463億米ドルに達する

世界の鉄筋の市場規模は、2020年に1,987億米ドルと推定され、2020年から2025年までCAGR4.4%で成長し、2025年までに2,463億米ドルに達すると予測されています。中国、日本、インドにおける建築・建設の増加、ヨーロッパにおける建設セクターの回復、北米における非住宅建設の急増、より高いグレードの鉄鋼鉄筋の利用拡大などといった傾向が予測期間中の鉄筋産業の成長を牽引すると予想されます。

鉄筋棒鋼の世界市場

予測期間中、異形鉄筋が最大の区分となる
鉄筋は異形鉄筋と軟鋼に区分されます。そのうち異形鉄筋は最大かつ最も急速に成長しているセグメントです。異形鉄筋は変形した表面により材料間の結合を助け、コンクリートの滑りを最小限に抑えます。

インフラ用鉄筋が市場をリードする
このレポートは鉄筋市場をインフラ、住宅、産業の3種類の用途別に分析しています。橋梁、高速道路、ダム、スタジアムなどのインフラプロジェクトでは鉄筋が大量に使用されます。インフラ向け市場は鉄筋市場の中でも最大かつ最も急速に成長しているセグメントです。

電気アーク炉製法が今後急速に拡大する
鉄筋の製造法は伝統的なBOFと電気アーク炉に分類されています。BOFは、高い生産率を持つ上に、低窒素化、高い生産性などの優れた特性により、依然として最大のセグメントです。一方、電気アーク炉法は鉄スクラップを使用して製品を製造するやり方です。エネルギー効率が高く環境に優しい製造プロセスであるため、今後は急速に成長することが期待されています。

アジア太平洋地域は予測期間中、最大の鉄筋市場になると予測
アジア太平洋地域は、経済成長と建設プロジェクトの増加により、全地域中、最大の市場となるでしょう。その成長は主にインフラおよび住宅向けの出荷増からもたらされるものです。アジア太平洋地域は2020年から2025年の間に最高のCAGRで成長すると予想されています。この地域には、中国、日本、インド、韓国などの国が含まれます。これらの国では、政府や民間セクター主導の建設プロジェクトで鉄筋の消費が増加しています。

主要市場プレーヤー
レポートでカバーされる主な市場プレーヤーは、以下の通りです。 ArcelorMittal(ルクセンブルク)、Gerdau SA(ブラジル)、Nippon Steel&Sumitomo Metal Corporation(日本)、Posco SS Vina、Co. Ltd(ベトナム)、Steel Authority of India Limited(インド)、Tataです。 Steel Ltd.(インド)、Essar Steel(インド)、Mechel PAO(ロシア)、Nucor Corporation(米国)、Sohar Steel LLC(オマーン)、Celsa Steel UK(英国)、Ansteel Group(中国)、Hyundai Steel(韓国) 、神戸製鋼(日本)、江蘇沙崗集団有限公司(中国)、JFEスチール(日本)、Commercial Metals Company(米国)、大同製鋼(日本)、Barnes Reinforcing Industries (pty) Ltd (南アフリカ)、Jindal Steel&Power Ltd.(インド)、Steel Dynamics、Inc.(米国)、Outokumpu Oyj(フィンランド)、Acerinox SA(スペイン)、Hyundai Steel Company(韓国)、大同特殊鋼(日本)、Byer Steel Group Inc.(米国)。 これらのプレーヤーは、提携契約、製品の発売、買収、パートナーシップ、新規市場進出、合弁事業、投資などを通じて、未開拓の市場や潜在的な市場でのビジネス拡大を目指しています。これらの企業が鉄鋼鉄筋市場におけるポジションを強化する上では、製品ポートフォリオの多様化と多目的化が鍵となるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]