デジタル治療市場:2025年までにCAGRは26.7%で成長、市場規模は69億米ドルに到達見込み

世界のデジタル治療市場は、2020年の21億ドルから2025年までに69億ドルに達すると予測されています。予測期間中(2020年~2025年)のCAGRは26.7%に達するでしょう。デジタル治療薬市場の成長は、主に予防医療に対する政府の取り組み、モバイルヘルスケアにおける技術の進歩、ベンチャーキャピタル投資の大幅な増加、デジタル治療薬の利点である行動変容(ヘルスケアにおける重要な課題)へ導く能力、使い勝手の良さ、患者の利便性、服薬コンプライアンスの向上などの要因によって牽引されています。一方で、発展途上国におけるデジタル治療プログラムへの認識とアクセスの不足、患者データのプライバシーへの懸念、不安定な支払いモデル、従来の医療提供者からの抵抗感などが、この市場の成長への課題となっています。

デジタルセラピューティクス (DTx:Digital Therapeutics) の世界市場

B2Bセグメントは予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想される

デジタル治療市場は、販売チャネルに基づいて、B2C(顧客直接取引)とB2B(企業間取引)にセグメンテーションされています。2019年には、B2Bセグメントが最大の市場シェアを占め、デジタル治療市場の中で最も高いCAGRで成長すると予想されています。医療提供者、ペイヤー、企業の間では、デジタル治療が提供するメリットと、それを使用することで達成される医療費削減についての認識が高まっています。さらに、製薬会社はデジタル治療を自社の医薬品と統合し、製品と一緒にアドヒアランスサービスを提供しようとする傾向が強まっています。これらは、この市場セグメントの高いシェアの要因となっています。

介護者セグメントは市場を支配することが期待される

買い手のタイプに基づいて、B2C市場は患者と介護者にさらに細分化されています。予測期間中、介護者セグメントが市場を支配し、最高の年平均成長率を記録すると予想されています。このセグメントの高い成長は、介護者向けの製品開発に向けた企業努力と、デジタル治療が介護者の患者管理の改善に役立つことに起因しています。

2019年のデジタル治療薬市場では、治療/介護関連のアプリケーションセグメントが最大のシェアを占めた

デジタル治療薬市場はアプリケーション毎に、予防アプリケーションと治療/ケア関連アプリケーションにセグメンテーションされています。市場の成長を牽引する主な要因の1つは、特に慢性疾患による治療・医療費の上昇です。医療費の上昇、慢性疾患の蔓延、デジタル治療薬が費用対効果の高いソリューションを提供できることは、治療/ケア関連のデジタル治療薬アプリケーション市場を牽引する要因となっています。

2019年のデジタル治療薬市場は北米が最大のシェアを占める

世界のデジタル治療薬市場は、北米、欧州、アジア太平洋、その他地域にセグメンテーションされています。2019年は、北米(米国、カナダ)が最大のシェアを占め、欧州が続きます。市場の成長を支える主な要因としては、デジタル治療薬への投資の増加、スタートアップ企業の新規流入、デジタル治療の償還構造の改善、技術進歩を支援するための政府の取り組みなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]