輸液ポンプ市場は、2025年までにCAGR7.0%で成長し、189億ドルに達すると予測される

世界の輸液ポンプ市場は、予測期間中はCAGR7.0%で成長し、2020年の推定値135億ドルから2025年までに189億ドルに達すると予測されています。老人人口の急速な増加に伴う慢性疾患の増加、携帯型輸液ポンプの需要の増加、外科手術の実施量の増加など、多くの要因が輸液ポンプ市場を牽引しています。また、インドや中国などの未開拓の新興市場や特殊輸液ポンプ需要の拡大は、輸液ポンプ市場で事業を展開するプレイヤーに大きな成長機会を提供しています。一方、製品リコール、新製品に対する厳しい規制要件、 再生輸液ポンプの増加などが、この市場の成長をある程度抑制しています。

輸液ポンプ世界市場

付属品と消耗品セグメントは、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測される
製品別には、付属品・消耗品とデバイスに分けられます。付属品・消耗品セグメントは、予測期間中に最も高い成長率で増えると予想されます。このセグメントの大きなシェアと高い成長は、付属品と消耗品の頻繁な使用と、管理された環境での投薬のための輸液ポンプの需要が増加していることに起因していると考えられます。

インスリン輸液ポンプセグメントは、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測される
製品別にみると、輸液ポンプ装置市場は、容積式輸液ポンプ、インスリン輸液ポンプ、経腸輸液ポンプ、携帯型輸液ポンプ、シリンジ輸液ポンプ、患者管理鎮痛(PCA)ポンプ、植込み型輸液ポンプに区分されています。インスリンポンプは、この市場で最も急速に成長するセグメントになると予想されています。糖尿病の有病率の増加に加え、在宅医療現場での糖尿病管理のためのスマートインスリンポンプやポータブルインスリンポンプの需要の高まりが、予測期間中のインスリンポンプ市場の成長を牽引すると予想されています。

糖尿病セグメントは、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されている
輸液ポンプ市場は用途別に、化学療法・腫瘍、糖尿病、消化器内科、鎮痛・疼痛管理、小児科・新生児科、血液内科、その他の用途(感染症、自己免疫疾患、心臓、腎臓、肺、肝臓の疾患を含む)に分類されています。糖尿病セグメントは予測期間中に最も高い成長率で成長すると予想されています。このセグメントの成長は、主に糖尿病の有病率の増加と、在宅ケアの現場での糖尿病管理のためのインスリンポンプの需要の高まりによって牽引されています。

2019年の市場では、病院のセグメントが最大のシェアを占める
輸液ポンプ市場はエンドユーザーに基づいて、病院、在宅医療環境、外来医療環境、学術・研究機関にセグメンテーションされています。2019年の輸液ポンプ市場では、病院のセグメントが最大のシェアを占めています。このセグメントの大きなシェアは、高額な輸液装置を購入するための病院の強力な財務能力、病院で治療される大規模な患者プール、輸液ポンプを操作するための訓練を受けた専門家の存在に起因しています。

2019年の輸液ポンプ市場のシェアは北米がトップ
輸液ポンプ市場は、北米、欧州、アジア太平洋(APAC)、中南米、中東・アフリカの5つの主要地域にセグメンテーションされています。2019年の輸液ポンプ市場では、北米が最大のシェアを占めています。この地域の大きなシェアは、主に慢性疾患の治療のための特殊輸液ポンプの高い採用、慢性疾患の有病率の増加、老人人口の増加、地域内に多くの大病院が存在することに起因すると考えられます。また、主要なグローバルプレーヤーの多くは米国に拠点を置いていることから、米国が輸液ポンプ市場の開発の中心地となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]