酵素市場は2025年までに6.7%のCAGRで成長し、147億米ドルに達する

酵素市場は、2019年の100億米ドルから6.7%のCAGRで成長し、2025年には147億米ドルに達すると予測されています。酵素エンジニアリングなどの技術の進歩が酵素市場の成長を牽引しています。また、再生不可能な資源の枯渇により、人々の環境への関心が高まり、バイオ燃料製造の重要性が高まっています。産業界を超えた酵素の多機能性や化学物質の消費量削減などの要因が、世界の酵素市場の成長に貢献しています。

酵素の世界市場

タイプ別に見ると、予測期間中、酵素市場で最も大きなシェアを占めるのは糖質分解酵素のセグメントであると予測される
予測期間中、糖質分解酵素セグメントが市場を支配すると予測されます。糖質分解酵素は、繊維・皮革、食品・飲料、パルプ・紙、バイオ燃料などの産業用用途で使用されています。糖質分解酵素はアミラーゼ、セルラーゼ、その他の糖質分解酵素に分類されており、微生物が主な供給源となっています。アミラーゼ酵素によりデンプンは単糖に加水分解されます。この特性が様々な工業用途に利用されています。

特殊酵素では、医薬品セグメントが予測期間中の酵素市場で最大の市場規模を占める
製薬業界での酵素の応用拡大に伴い、特殊酵素の需要が大幅に増加しています。製薬メーカーは、製造プロセスに生体触媒を組み込むことに注目しております。癌、心血管疾患、リソソーム障害などの疾患治療における酵素の使用が増加していることから、市場における酵素の需要を牽引すると予測されています。

予測期間中、北米が最大の市場シェアを占めると予測される
2018年の酵素市場では、北米が最大の市場シェアを占めています。この地域では技術の進歩により、酵素が幅広い用途で利用できるようになり、このことがこの地域の市場の成長を牽引すると推定されています。この地域は、新規で優れた性能を持つ製品の開発と世界的な工業化により、最大の市場になると予測されています。この地域の製薬業界では、酵素の使用量も増加しています。北米地域での飼料生産の増加も、この地域の酵素の需要の増加につながっています。米国は最も有力な国であり、この地域の市場は成熟期を迎えています。これらの要因が北米酵素市場の成長に寄与すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]