自動車診断スキャンツール市場、診断機器/ハードウェアセグメントが市場占有

自動車業界では、自動車への電子部品の取り付けの増加により、技術の大幅な進歩が見られます。世界中の車両所有者は、故障を特定するプロセスを容易にするため、使いやすい診断スキャンツールを求めています。

自動車の電気システムの技術的進歩は、車両に追加機能をインストールする傾向が高まっているため、近年、大幅な成長を遂げています。また、電子機器や電気部品の車両インフラへの浸透が進んだことにより、現代のサービスエンジニアリングとテクノロジーは、世界の自動車産業における最大のトレンドの1つになっています。自動車診断スキャンツール市場は、自動車の適切なメンテナンスについて自動車ユーザーの間で認識が高まっているため、近年かなりの勢いを集めています。この市場を牽引する要因は、乗用車における自動電子機器および電気部品の設置率の増加です。OEMは、より高度でハイエンドの診断スキャンツールを開発するために、洗練した成長戦略を採用する傾向があります。

自動車診断スキャンツールの世界市場

診断機器/ハードウェアセグメントは、2020年に世界の自動車診断スキャンツール市場を支配すると推定され、CAGR 4.1%で成長し、2025年までに364億米ドルに達すると予測されています。一方で診断ソフトウェア市場は、 8.1%のCAGRとなる見込みです。今後数年間で、テレマティクスは車両診断において重要な役割を果たすと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]