ゲーミフィケーション市場、2025年までCAGR27.4%で成長見込み

ゲーミフィケーションの市場は2020年に91億米ドルに達し、2025年に307億米ドル規模に成長すると予測されています。予測期間中はCAGR27.4%で推移する見込みです。

ゲーミフィケーション市場のサービスセグメントは予測期間中、コンポーネントに基づきより高いCAGRで成長する見込みです。ゲーミフィケーションサービスプロバイダーは、コンサルティング、実装、サポート、メンテナンスサービスに分類されるさまざまなサービスを提供します。これらのサービスは、ゲーミフィケーションソリューションの開発と、進行中のソリューションのスムーズなインストール、展開、およびメンテナンスのためのサービスをエンドユーザーにもたらします。特定のサービスプロバイダーは、組織向けにカスタマイズされたソリューションの開発でエンドユーザーを支援します。これらのサービスプロバイダーは、カスタム化されたソリューションに代表されるように、ビジネスプロセスに適合するように調整されたソリューションの実装を取り扱います。

業界別では、通信セグメントが予測期間中、最高の成長率が見込まれています。通信会社は、顧客中心のアプローチの採用が非常に重要になったため、他のサービスプロバイダーとの厳しい競合に直面しています。すべてのチャネルにわたって一貫したエクスペリエンスを持つ加入者の数を増やすことが企業の主な目標であり、これは顧客中心のサービスを通じてのみ達成できます。顧客は十分な情報を得て複数のサービスを利用する可能性が高いため、企業はゲーミフィケーションをビジネスモデルに組み込む必要があります。これらの企業は、コンテンツと提供物に対する管轄権が限られていますが、顧客は品質と可用性について責任を負うことになります。ゲーミフィケーションソリューションを使用すると、企業は消費者の満足度を把握し、消費者への新しいオファーや報酬の保証が可能になります。

北米地域は、主にゲーミフィケーションソリューションの採用に向けた受容的な市場です。企業間でさまざまなチャネルパートナーやクライアントと接続するためにインターネットが広範に使用されています。顧客ベースのソリューションとエンタープライズベースのソリューションの高い採用は、北米のゲーミフィケーション市場を牽引しています。さらに、この地域では、米国やカナダなどの国々がゲーミフィケーションソリューションを採用して、マーケティング活動をより良い広告、顧客との相互作用、ブランディングと販売で充実させています。さらに、実装コストが低いために企業間でクラウドベースのゲーミファイドソリューションに対する需要が高まっていることから、ゲーミフィケーション市場は大幅なペースで成長しています。現在、北米のゲーミフィケーション市場は、他の地域と比較して収益の大部分を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]