バイオシミラー市場:2025年までCAGR10.0%で成長、市場規模は357億米ドル到達見込み

バイオシミラーの市場は2020年に118億米ドルに達し、2025年に357億米ドル規模に成長すると予測されています。予測期間中はCAGR24.7%で推移する見込みです。

バイオシミラー市場の産業は製品に基づき、インスリン、モノクローナル抗体、組換えヒト成長ホルモン(rhGH)、顆粒球コロニー刺激因子、インターフェロン、エリスロポエチン、エタネルセプト、フォリトロピン、グルカゴン、カルシトニン、およびテリパラチドとエノキサパリンナトリウムに分類されます。モノクローナル抗体セグメントは、2019年に最大の市場シェアを占めました。これは、主に癌の発生率の上昇と製品の発売/承認の増加に起因しています

モノクローナル抗体は、インフリキシマブ、リツキシマブ、トラスツズマブ、アダリムマブ、および他のモノクローナル抗体に分割されます。インフリキシマブセグメントは、2019年の最大のバイオシミラー市場シェアを占めています。自己免疫疾患の蔓延が市場の成長を牽引しています。

バイオシミラー市場は地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカで分析されています。 2019年、欧州が市場の最大のシェアを占め、アジア太平洋地域がそれに続きました。慢性疾患の発生率の増加、この地域の高齢者人口の増加は、欧州のバイオシミラー業界の成長を牽引する主要な要因です。

バイオシミラー市場

バイオシミラー市場の主要企業は、Pfizer(米国)、Sandoz(ドイツ)、Biocon(インド)、Biogen(米国)、Fresenius Kabi AG(ドイツ)、Boehringer Ingelheim(ドイツ)、Merck KgaA(ドイツ)、Mylan(米国)、Eli Lilly(米国)、Teva Pharmaceutical(イスラエル)、Dr. Reddy’s Laboratories(インド)、Amgen(米国)、Celltrion(韓国)、Samsung Biologics(韓国)、Amega Biotech(アルゼンチン)、mAbxience(スイス) 、Probiomed(メキシコ)、Apotex(カナダ)、Chong Kun Dang(韓国)、JCRファーマ株式会社(日本)、Gan&Lee Pharmaceuticals(中国)、Gedeon Richter(ハンガリー)、Biocad(ロシア)、Coherus Bioscience(米国)、 Stada Arzneimittel AG(ドイツ)などがあります。

Sandoz(ドイツ)は、2019年のバイオシミラー市場の主要企業の1つです。同社は、世界中で幅広い製品ポートフォリオを誇っています。長年にわたり、

本記事の詳細は

バイオシミラーの世界市場:インスリン・インターフェロン・エタネルセプト・インフリキシマブ・リツキシマブ・グルカゴン・カルシトニン – 2025年までの予測もっとみる

同社はバイオシミラー市場での主導的地位を維持しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]