自動光学検査 (AOI) システムの市場:2025年までCAGR16.0%で推移見込み、自動車業界で最大の成長

自動光学検査 (AOI) システムの市場は2020年に7億5,300万米ドルに達し、2025年に15億8,300万米ドル規模に成長すると予測されています。予測期間中はCAGR16.0%で推移する見込みです。

3D AOIシステムは、PCB基板の欠陥やボールグリッドアレイ(BGA)の欠陥を検出できるため、2D AOIシステムよりも優れています。さらに、背の高いコンポーネントの欠陥を迅速に検査する機能、誤った呼び出し率の大幅な削減、検査中のコンポーネントのボリュームデータを提供する機能により、3D AOIシステムは今後数年間で電子製造サービス(EMS)プロバイダーにとって理想的な選択肢となります。

先進運転支援システム(ADAS)、エアバッグ、ブレーキシステムなど、車両の重要安全システム用の高性能電子コンポーネントの需要により、自動車での電子機器の使用が増加しています。さらに、M2Mやコネクテッドカーなどの無線通信技術の導入により、自動車の電子部品が増加しています。高品質の電子機器の使用により、自動車メーカーは、非常に効率的なAOIシステムを使用して、製造プロセス中に電子部品を検査しています。

自動光学検査 (AOI) システム市場

北米は、予測期間中に自動光学検査(AOI)システム市場で最高のCAGRで成長すると予想されます。可処分所得が高く、家庭用電化製品への需要が高いハイテクに精通した人口の存在は、PCBの進歩につながり、北米の自動光学検査(AOI)システム市場をさらに活性化させています。

2019年現在、Koh Young(韓国)、Test Research, Inc.(台湾)、オムロン(日本)、Viscom(ドイツ)、サキコーポレーション(日本)が 世界の自動光学検査(AOI)システム市場の主要なプレーヤーでした。

Koh Youngは、世界のAOIシステムの主要メーカーです。同社は、光学検査の分野で技術的リーダーシップを維持するための研究開発努力に焦点を当てています。 18年度には、同社は収益全体の12.6%を研究開発活動に投資しました。同社は研究開発とは別に、製品の発売や拡張などの戦略を実施して、事業運営を世界的に急速に拡大しています。たとえば、2018年5月、韓国の水原に新しいR&Dセンターを開設し、革新的な製品を開発しました。さらに、2017年11月、Koh Youngは、プログラミング時間を70%削減する人工知能駆動(AI駆動)自動プログラミングソフトウェアを搭載したZenith 2 AOIプラットフォームを発売しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]