オイルコンディションモニタリング市場、2025年までに11億7,500万ドル到達見込み

オイル状態監視は、持続可能性、汚染、摩耗粉を特定するためのオイル特性の分析です。機械の健康状態の理解と診断に役立ちます。コスト効率の高いソリューションに対する需要の高まりと時間の最適化に対するニーズの高まりが、オイルコンディションモニタリング市場の成長に影響を与えています。オイルコンディションモニタリング市場は2019年に6億9,500万ドルと評価され、2025年までに11億7,500万ドルに達すると予測されています。 2020年から2025年までのCAGRは8.5%の成長が見込まれています。石油状態監視市場の成長は、費用対効果の高いソリューションに対する需要の急増、時間の最適化のニーズの高まり、発電の需要の増加、そしてメンテナンスコストの削減にますます焦点を合わせています。ただし、既存のシステムの改造にかかる追加費用は、この市場の成長を抑制する要因です。ビッグデータ分析の採用の増加と産業用モノのインターネット(IIoT)の使用の増加により、石油状態監視市場に新しい機会が提供されています。石油状態監視市場は、製品タイプ、サンプリングタイプ、業界、および地理に基づいて分割されています。

オイルコンディションモニタリング市場

タービンは、2019年の製品タイプ別のオイル状態監視市場の24%の最大のシェアを占めました。このセグメントの市場は、2020年から2025年までのCAGRは9.5%になると予測されています。タービン油の分析は、最も一般的に使用されている予測保守技術の1つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]