デジタル病理学市場、スキャナーセグメントが最大シェア占める

グローバルデジタル病理市場は予測期間中に13.2%のCAGRで成長し、2020年の推定6億1,360万米ドルから2025年までに11億3,980万米ドルに達すると予想されています。デジタル病理学市場の成長は主に、ラボの効率を高めるための採用の増加、癌の有病率の増加、医薬品開発およびコンパニオン診断におけるデジタル病理学の適用の増加、および業界関係者によるイニシアチブの増加などがあげられます。ただし、デジタル病理システムの高コストにより、市場の成長がある程度制限されることが予想されます。訓練を受けた病理学者の不足も、今後数年間の市場の成長を抑制する可能性があります。このレポートでは、デジタル病理学市場は、製品、種類、アプリケーション、エンドユーザー、および地域に基づいて分割されています。

デジタル病理学の世界市場

製品に基づくと、デジタル病理学市場はスキャナー、ソフトウェア、通信システム、およびストレージシステムに分割されます。 スキャナーセグメントの大きなシェアは、主に世界中でデジタル病理ソリューションの採用が増加しているためです。ソフトウェアセグメントは、病理診断のための使いやすい分析機能と高度な機能が利用できるため、予測期間で14.3%という最高の成長率を実現すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]