振動モニタリング、ハードウェアセグメントが市場を支配

振動モニタリングは、予測メンテナンスプログラムの重要な部分です。マシンのパフォーマンスの変動を識別するための体系的なデータ収集と評価のプロセスです。これは、製造工場で使用される機械の状態に関する情報を提供して、適切に保守できるようにすることに関するものです。これらのシステムによって提供される情報は、予想される障害を事前に特定し、計画的な方法で修正手順を実行して、これらの障害が本番環境に与える影響を最小限に抑えるのに役立ちます。振動モニタリングシステムによって収集されたデータを使用して、障害の根本原因分析を実行し、障害が再び発生しないようにすることができます。

振動モニタリングは、オンラインの振動モニタリングと、ポータブルまたはオフラインの振動モニタリングの2種類のモニタリングプロセスで構成されています。オンライン振動監視は、機械の振動レベルを継続的に評価できるため、最も好ましいモニタリングプロセスです。ただし、ポータブルまたはオフラインの振動モニタリングシステムは、定期的に機械の状態を監視するために使用されるハンドヘルドデバイスで構成されています。携帯型振動モニタリングプロセスは、それほど重要でない機械に主に適用されます。ハードウェアとソフトウェアは、振動モニタリングシステムに関連する主要な製品です。ほとんどの振動モニタリングプロバイダーは、各々の振動モニタリングシステムに付加価値を提供する高度なサービスも提供しています。これらの製品の中で、ハードウェアセグメントは、さまざまな著名な産業からの需要が高いため、振動モニタリング市場を支配しています。

振動モニタリング世界市場

振動モニタリングソリューションプロバイダーが提供するハードウェアコンポーネントには、主に加速度計、近接プローブ、速度センサー、トランスミッターが含まれます。 これらのデバイスは、振動監視システムの主要コンポーネントと見なされています。 これらは、機械の振動レベルに関連するデータが事前に取得される主要な情報源です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]