産業用X線装置の市場規模、2025年まで7億8400万米ドルに成長、CAGR8.1%を記録する見込み

産業用X線装置市場は、2020年の5億3200万米ドルから2025年には7億8400万米ドルに達し、CAGR8.1%で成長すると推定されています。市場の成長は、産業の安全性と製品品質に関する各国政府の厳しい規制、自動車産業や航空宇宙産業におけるNDT(非破壊検査)への需要の増加、X線撮影システムに統合されたソフトウェアの進歩、産業用機器の予防的メンテナンスなどによって推進されています。

高いCAGRで成長するダイレクトX線装置市場

ダイレクトX線装置の市場は、最も高いCAGRで成長すると予想されています。ダイレクトX線装置はリアルタイムX線装置としても知られており、この技術は検査対象物のリアルタイム画像を生成することができるため、時代の究極のニーズとなっています。これが近い将来、ダイレクトX線装置技術の需要を牽引すると予想されています。

産業別で高い成長を見せる、石油化学・ガス産業

石油化学・ガス産業向け市場は、産業別で最も高いCAGRを記録すると予想されています。このエンドユーザーにおけるX線装置検査には、パイプライン、貯蔵タンク、精製装置の監視が含まれており、材料に外部からダメージを与えることなく内部腐食を測定することができます。産業用X線装置は、深海石油・天然ガス産業にとって非常に重要で、製油所の監視を怠ると、油の漏れや流出が長期間に渡って発生する可能性があり、その結果、浄化にかかるコストが非常に高くなってしまいます。

APAC(アジア太平洋地域)は最高のCAGRで成長

APACの産業用X線撮影装置市場は、最高のCAGRで成長すると予想されています。安全に関する政府の厳しい規制により、この地域では同市場に対する巨大な需要が発生しています。さらに、様々な家庭用電化製品の需要が世界的に拡大しており、故障や保守の経費を削減するためのX線撮影装置の利用も増加しています。急速な技術進歩とメーカーの研究開発への注力により、産業用X線撮影装置市場の成長に大きなチャンスが生まれると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]