パイプコーティングの世界市場、2019年に65億6,170万ドルと推定

パイプコーティングは、腐食からパイプラインを保護し、寿命を延ばし、流れを維持し、クリーンな製品の配送を保証するためにパイプに適用されます。さまざまなタイプのパイプコーティング材料が製造され、特定の用途のさまざまな最終用途産業でさらに使用されています。適切なコーティング材料の選択は、パイプの長寿命にとって非常に重要です。利用できるコーティングの2つの形態は粉および液体形態です。現在のパイプコーティング市場は2019年に65億6170万ドルと推定され、予測期間中に4.5%のCAGRが見込まれます。コーティングは、主にパイプラインで腐食から保護するために使用されます。コーティングの塗布には莫大な投資が伴うため、過酷な条件下で維持し、化学物質に耐性を持つ効率に基づいて選択されます。さらに、パイプラインには、より長い寿命とより優れた保護特性を持つコーティングが選択されます。したがって、パイプコーティング市場の主要なプレーヤーは、主に既存のコーティングまたは新しいコーティングの組み合わせの新しい技術的進歩の開発に焦点を当てており、手頃な価格で、簡単に適用でき、より長く維持できます。

パイプコーティングの世界市場

外面は、予測期間中に、グローバルに価値の面で、市場のより大きくて成長の速いセグメントになると予測されます。 これは、外部コーティングにより、埋め戻しに含まれる土壌やその他の材料によって引き起こされる腐食からパイプラインが保護されるためです。 外部表面コーティングは、外部腐食に対するパイプの主要な保護です。 外部腐食保護は、寿命を延ばし、パイプラインの運用コストを削減するために不可欠です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]