コグニティブコンピューティング、クラウドサービスにメリットあり

コグニティブコンピューティングソリューションは、クラウド、モバイル、ビッグデータの分析プラットフォームを通じてアクセスまたは使用ができます。コグニティブクラウドを通じて、コグニティブコンピューティングシステムのサービスを簡単に利用できる点と、コグニティブクラウドのサービスは大幅なコストメリットがあり、セキュリティが向上します。

またユーザーは、モバイルコグニティブコンピューティングプラットフォームの助けを借りて、コグニティブコンピューティングソリューションのサービスを簡単かつ迅速に利用できます。コグニティブコンピューティングソリューションの開発者は、ユーザーが携帯電話を使用してプラットフォームに直接アクセスできるさまざまなモバイルアプリケーションを提供しています。

意思決定を強化するためのデータ視覚化のためのクラウドベースのダッシュボードの需要の増加、コグニティブコンピューティングソリューションによって提供される費用対効果の利点、および最小限のインフラストラクチャで高度な分析機能を採用する企業のニーズがコグニティブコンピューティングの採用を促進すると予想されます。コグニティブコンピューティング市場の主要企業は、Google(米国)、Microsoft(米国)、IBM(米国)、SAS(米国)、AWS(米国)、TCS(インド)、Artificial Solutions(スウェーデン)、Numenta(米国)、 Enterra Solutions(米国)、CognitiveScale(米国)、SparkCognition(米国)、Expert System(米国)、Cisco(米国)、Virtusa(米国)、Cognitive Software Group(オーストラリア)、Acuiti(オーストラリア)、e-Zest(マハラシュトラ) 、Vantage Labs(米国)、Red Skios(スペイン)、およびBurstIQ(米国)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]