低侵襲性外科手術 (MIS) 装置の世界市場、2025年までに327億5000万米ドルに達すると予測

低侵襲性外科手術 (MIS) 装置の世界市場は、2025年までに2019年の200億700万米ドルから327億5000万米ドルに達すると予測されており、予測期間中のCAGRは8.5%です。 従来の開腹手術に対する低侵襲手術の主な利点は、市場の成長を促進する重要な要因です。 これらの利点には、外傷の減少、回復期間の短縮、切開の最小化、瘢痕の減少、感染リスクの低下、出血の減少、入院期間の短縮が含まれます。 一方、医療機器業界の不確実な規制の枠組みは、市場の成長をある程度妨げると予想されます。


製品に基づいて、低侵襲手術器具市場は、ハンドヘルド器具、膨張器具、手術用スコープ、切断器具、ガイド器具、電気外科器具および電気焼器具、およびその他の器具に大別されます。ハンドヘルド機器セグメントは2018年に市場を支配し、予測期間中に最も急成長するセグメントになると予想されています。外科手術の数の増加と、高器用で低コストの関節腹腔鏡ハンドヘルド手術器具の開発は、この市場の成長を牽引する重要な要素です。

手術の種類に基づいて、低侵襲手術器具市場は、心臓胸部手術、胃腸手術、整形外科手術、婦人科手術、美容および肥満手術、泌尿器外科手術、およびその他の手術に区分されています。 2018年には、心臓胸部外科部門が市場の最大のシェアを占めました。このセグメントの大部分は、心臓病の有病率の上昇、心血管合併症の早期発見の利点に関する認識の高まり、冠動脈および経皮的心臓病の介入の数の増加、およびそれらの便利さとより良いMIS機器の採用の増加に起因する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]