エンタープライズデータ管理の世界市場、2025年には1229億900万米ドルに成長予想

エンタープライズデータ管理ソリューションは、組織が毎日生成する膨大なデータを効果的に管理する必要性が高まっているため、注目を集めています。ほとんどの組織は、企業データを重要な企業資産として扱い始めています。グローバル化とインターネット時代の到来により、世界はより小さな場所になり、デジタル企業が生まれました。データはこの変換のバックボーンです。組織間および組織内のデータフローの量は劇的に増加しました。したがって、この膨大で豊富なデータを効率的に管理する必要があることは明らかです。

エンタープライズデータ管理とは、企業全体の膨大な量のデータを正確に定義、調達、統合、保存し、効果的に取得および調整するプロセスです。戦略的意思決定に関与するほとんどのビジネス担当者は、収集されたエンタープライズデータに依存しています。ただし、企業の時間の大部分は、必要なビジネスモデルを構築して戦略的に実装するために、適切なデータの意味を検索、変換、処理、および抽出することに費やされます。重要なビジネスデータを簡単に利用できるようにし、構造化された形式にすることで、効率が向上し、データ管理の全体的なコストが削減されます。 1970年代初期と1980年代には、ほとんどのデータ管理ソリューションに製品の機械的な側面のみが組み込まれていました。ただし、最近の製品の複雑さの増大により、データ管理ソリューションでは、戦略的なビジネス上の意思決定を行うために、さまざまな種類のデータを組み込み、統合する必要があります。

エンタープライズデータ管理の市場規模は、2020年の779億4400万米ドルから2025年には1229億900万米ドルに成長し、9.5%の複合年間成長率(CAGR)になると予想されています。

エンタープライズデータ管理の世界市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]