ビッグデータ市場規模、2025年までに2294億2300万米ドルに成長すると予測


ビッグデータは、構造化、非構造化、または半構造化された大量のデータを指す用語です。ビッグデータソリューションは注目を集めており、この技術は今後数年間で大きな成長の可能性を秘めています。企業は、巨大なデータセットから価値を引き出すために、ビッグデータソリューションの展開を開始しました。これらのデータセットは、ビッグデータ分析ソリューションを使用して分析すると、実用的な洞察を組織に提供できます。これらの洞察は、組織が迅速な意思決定を行い、顧客中心のソリューションを提供するのに役立ちます。過去数年間で、ビッグデータは技術情勢で注目を集めています。さらに、ビッグデータソリューションの費用対効果と安全なデータ保証により、ビッグデータソリューションの採用が増加しています。さまざまな業種の企業がビッグデータソリューションを展開して、ビッグデータを効率的に管理し分析し、実用的な洞察を得ています。データの大規模な成長とモバイルアプリとIoTデバイスの数の増加は、ビッグデータ市場の成長に貢献する要因です。ビッグデータは、銀行、金融サービス、保険)、電気通信およびITなどのさまざまな業界で広く使用されています。

世界のビッグデータ市場規模は、2020年の1388億8600万米ドルから2025年までに2294億2300万米ドルに成長すると予測されており、予測期間中のCAGRは10.6%です。 テクノロジーコストの急落、オープンソースのビッグデータソフトウェアフレームワークの開発、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境によるデータ接続、およびトップレベルの戦略へのデジタルトランスフォーメーションの組み込みが、ビッグデータ市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]