医療用FEP熱収縮チューブの市場規模-2024年までに1億4,560万米ドルに成長すると予測

熱収縮チューブは、押し出されて平板状に拡張された高分子材料で構成されています。押し出されたチューブは、特定の温度に加熱されると収縮するように設計されています。熱収縮チューブには、とりわけ、耐摩耗性および耐薬品性、耐熱性、機械的耐性、電気絶縁性など、いくつかの利点があります。医療業界では、FEP熱収縮チューブは、カテーテルや内視鏡など、より複雑な医療機器の設計に使用されます。また手術器具の柔軟な接合や融合、電気絶縁にも使用されます。医療用FEP熱収縮チューブの市場規模は、2024年までに1億4,560万米ドルに達し、2019年から2024年の間に7.2%のCAGRになると推定されています。

米国、ドイツ、中国、日本が主要市場です。これらの国では、医療産業の著しい成長、医療機器の強力な生産能力、医療費の増加、低侵襲手術の選択の増加が市場の成長につながっています。マイクロカテーテルの需要の増加、手術器具市場の成長、および低侵襲手術に対する選好の高まりにより、FEP熱収縮医療用チューブ市場が推進されています。世界中で、慢性疾患のインスタンスが増加しているため、より多くの介入医療処置が行われています。これにより、さまざまな外科用機器やアクセサリーの需要が増大しています。新興国での医療産業の成長は、FEP熱収縮医療用チューブメーカーにチャンスをもたらしています。ただし、FEP熱収縮医療用チューブのコストが従来の医療用チューブよりも高いため、市場の成長が妨げられています。

1.6:1の収縮率のFEP熱収縮医療用チューブは、より広範なコンポーネントの形状とサイズをカバーするため、主に医療業界で好まれています。 とりわけマイクロカテーテル、手術器具、血管器具、医療用シャフトなどで広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]