複合膜の世界市場、2025年までに3億2,770万米ドルに達すると予測

複合フィルムは、航空宇宙および防衛、自動車など、さまざまな最終用途産業で使用されています。複合フィルム市場は、エンドユーザーの強い需要に導かれ、2020年から2025年の間に6.0%の高いCAGRを記録すると予測されています。軽量ソリューションの需要を満たすために市場は成長しています。複合膜の世界市場規模は、2019年に2億3,322万米ドルであり、2025年までに3億2,770万米ドルに達すると予測されています。このレポートは、硬化タイプ、樹脂フィルムタイプ、機能タイプ、最終用途産業、および地域に基づいてセグメント化されている市場価値の面では、2019年に航空宇宙および防衛部門が複合フィルム市場で大きなシェアを占めました。このセグメントは、翼、胴体、飛行制御面などで大量の複合フィルムを使用しています。樹脂フィルムの種類に基づいて、複合フィルムはエポキシとその他の樹脂フィルムに分類され、その市場はエポキシ樹脂フィルムのセグメントに支配されています。

複合膜の世界市場

複合フィルム市場は非常に資本集約的であり、その結果、参入障壁が高くなっています。既存のプレーヤーは市場で強力な足場を持っています。複合フィルムは、軽量、複合構造保護などの優れた特性を提供し、滑らかな表面仕上げを提供します。複合フィルムが提供するこれらの優れた特性により、金属や鋼鉄などの従来の材料は、いくつかの最終用途産業の高性能用途ではあまり好まれません。その結果、この市場における代替品の脅威は低いです。複合フィルム市場のバイヤーの交渉力は、スイッチングコストが中程度であり、製品の差別化が低いため、中程度に低くなります。この市場では、原材料のサプライヤーは中程度の交渉力を持っています。複合フィルムの製造に使用される主要な原料は樹脂です。この原材料の供給者の数が多いため、主要なプレーヤーのスイッチングコストは低くなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]