土壌改良の世界市場、2025年まで北米が最大シェアを維持見込み

土壌改良剤は、土壌の健康と植物の成長を促進するために表土に混ぜられる材料です。それらは多くの方法で機能します。たとえば、土壌に有機物を追加したり、土壌のpHレベルを変更したりすることで、土壌の状態を変更する場合があります。土壌改良剤は、有機土壌改良剤と無機土壌改良剤の2つの広いカテゴリに分類されます。土壌に土壌改良剤を追加する主な理由は、根と植物の成長により良い環境を提供するためです。これには、植物の成長に重要な土壌構造と保水能力の改善、栄養素の利用可能性、土壌生物の生活条件が含まれます。さらに、土壌テクスチャーと根の成長が改善されているため、豪雨や風の強い地域などの極端な気候条件での土壌劣化が防止されます。土壌改良剤は、有機質改良剤が使用される場合の栄養循環もサポートします。選択される土壌改良剤の種類は、土壌をどのように変える必要があるかに完全に依存します。

土壌改良剤市場の成長は、関連する利点、持続可能な農業の必要性の増加、および合成肥料と従来の肥料の開発と浪費の減少によりペースを上げています。有機性土壌改良剤の高い採用と土壌の健康を維持する必要性のために、北米が土壌改良剤市場を支配し、ヨーロッパがそれに続きました。土壌改良材の使用は、主に果物や野菜、穀物、穀物が続きます。

果物と野菜のセグメントは、2020年に最大のシェアを占めると推定されています。これは、主に、果物と野菜で栽培された土地での土壌改良剤の適用が高いためです。さらに、一年中、新鮮で高品質の果物や野菜を購入する消費者の意欲が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]