世界の冷凍モニタリング市場、2025年までに110億米ドルに達すると予想

冷蔵監視では、センサー、ゲートウェイ、ソフトウェアを使用して、冷蔵中の温度、冷媒圧力、ガス漏れ、ドアの接触などの物理パラメータを監視します。また、アラームの発生と、リアルタイムまたはスタンドアロン状態での冷凍システムの制御も含まれます。輸送中の製品だけでなく、保管中の製品についても冷凍監視を実行できます。それは、最適な温度での食品および飲料、医薬品および実験室の保存を保証します。冷凍モニタリングにより、湿度、電源、ドアセンサー、漏れ、冷媒濃度、周囲空気質のリアルタイムの温度管理と制御の一貫した流れが保証されます。冷凍ユニット内に配置されたセンサーは、指定されたスケジュールに従って測定値を取得し、接続されたスマートフォンまたはタブレットに通知を送信します。

世界の冷凍モニタリング市場は2019年に68億米ドルであり、2025年までに110億米ドルに達すると予想されています。2020年から2025年までのCAGRは8.3%です。冷凍モニタリング市場の成長を牽引する主な要因は、食品小売部門の成長、北米とヨーロッパでの厳格な規制改革、温度に敏感な薬剤への要求の高まり、および食品廃棄物削減への注目の高まりです。また、冷蔵倉庫とコールドチェーンロジスティクスの自動化により、冷凍モニタリング市場の成長が加速しています。

製品の発売と開発は、2016~2019年に冷凍モニタリング市場の主要企業が採用した重要な戦略でした。 この期間中に冷凍モニタリング市場で成長するためにプレーヤーが採用したその他の戦略は、パートナーシップ、契約、コラボレーション、買収、および事業拡大です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]