Webコンテンツ管理 (WCM) の世界市場、2025年までに135億8000万米ドルに成長すると予測

クラウドベースのWCMの採用により、この市場の成長が加速しています。WCMソリューションの拡大には、迅速な通信ネットワークとより優れたネットワーク設計が必要です。 これにより、インターネットサービスプロバイダーはネットワーク接続を改善し、より多くの企業がWCMソリューションを使用して顧客により良いエクスペリエンスを提供するよう動機付けています。このレポートでは、WCM市場でのさまざまな採用傾向と、これらのソリューションおよびサービスのより迅速な導入を強化して長期的な成功を維持するための手順を説明します。

上の図は、WCM市場の市場規模を強調しています。 WCMの総市場規模は、2020年の60億3500万米ドルから2025年までに135億8000万米ドルに成長すると予測されており、予測期間中の複合年間成長率(CAGR)は17.6%です。WCMの成長は、企業間でのWCMソリューションとサービスのメリットに対する意識の高まり、北米、ヨーロッパ、APAC、およびROWの企業によるICT予算と支出の増加などの要因に起因しています。WCM市場は、コンポーネント、展開の種類、組織の規模、業種、地域ごとに区分されています。コンポーネント別に、市場はソリューションとサービスに分類されています。 WCMのソリューションに基づいて、市場はデジタルマーケティング管理、モバイルおよびソーシャルコンテンツ管理、Webエクスペリエンス管理、デジタル資産管理、Web作成および編集ツール、コンテンツ分析に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]