人口増加、工業化、天然資源の枯渇、関連規制により、世界の金属リサイクル産業の成長が促進

金属リサイクルの世界市場では、10年にわたって上昇が見られました。金属スクラップの収集、国内リサイクルの能力、回収された金属、および有利な規制の増加傾向があります。アジア太平洋地域は、価値と量の両面で、2019年に金属リサイクル市場で最大のシェアを占めました。

都市人口の増加、急速な工業化、天然資源の急速な枯渇に対する懸念の高まり、金属スクラップの処理に関する法律と規制により、世界の金属リサイクル産業の成長が促進されています。特定の国のGDPの増加により、より高度で効果的な廃棄物管理ソリューションと連携できるようになり、廃棄物管理およびリサイクルサービス、機器、および技術の需要が増加します。金属の陳腐化率の高さ、温室効果ガスの排出レベルの低下による省エネルギーの増加、発展途上国の工業化と都市化の促進、リサイクル金属の使用に対する消費者の意識の高まりが、金属リサイクル市場を牽引しています。希土類金属の不足は、グローバル市場での機会です。ただし、廃金属の組織化されていない流れとスクラップ収集ゾーンの減少は、市場の成長を制限すると予想されます。

鉄金属のリサイクルは、2020年から2025年にかけてCAGRで7.9%増加すると予測されています。2019年の金属リサイクル市場は、同じセグメントに支配され、市場全体の96.8%を占めました。 リサイクル市場は、収集された金属スクラップを分別し、回収できる材料をリサイクルする必要があるという規制によって推進されています。 この市場に関連する法律と規制は、廃棄物の最小処分を支持しています。 非鉄セグメントは、2020年から2025年にかけて6.9%のCAGRが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]