カスタマーデータプラットフォーム (CDP) の世界市場、2025年までに102億9000万米ドルに成長予測

カスタマーデータプラットフォーム (CDP)市場は、コンポーネント、アプリケーション、展開モード、組織の規模、業種、業種、地域に基づいてセグメント化されています。パーソナライズされた推奨アプリケーションは、予測期間中に最高の収益を得ることが期待されています。 CDPプラットフォームにより、マーケティングおよび販売の専門家は、自社製品の購入に関心のある顧客を積極的に特定できます。顧客維持およびエンゲージメントアプリケーションセグメントは、予測期間中に最高の複合年間成長率(CAGR)で成長すると予想されます。

予測分析機能を備えたCDPソリューションは、購買行動を分析することで、潜在的な顧客を特定する組織を支援します。コンポーネントのうち、プラットフォームセグメントは、顧客体験を向上させるためのデジタル化ソリューションの開発への投資の増加により、予測期間中により高い収益をもたらすと予想されます。APACは、予測期間中に最高のCAGRを持つと予想されます。成長の主な原因は、IoTやクラウドなどのデジタル化テクノロジーの使用が業界全体で増加していること、モバイルユーザーの数が増えていること、AIやMLなどのニッチテクノロジーが実装されていることです。主要な顧客データプラットフォームベンダーには、Oracle Corporation(Oracle)、SAP SE(SAP)、Adobe Inc.(Adobe)、Salesforce.com、Inc.(Salesforce)、Microsoft Corporation(Microsoft)、SAS Institute(SAS)、Teradata、ナイスシステムズ株式会社(ナイス)、ダン&ブラッドストリート、リードスペース、ザイロテック、ブルーベン、キャリバーマインド、セレブルス、ティーリウム、アギルワン、ブルーコニック、リティクス社(リティクス)、イグニションワン社(イグニションワン)およびアンペリティ社(アンペリティ)などが含まれます。

これらのプレーヤーは、新製品開発、合併、パートナーシップ、コラボレーション、事業拡大などのさまざまな戦略を採用し、そこからほとんどの主要プレーヤーがパートナーシップと新製品開発戦略を採用して、グローバルな顧客データプラットフォーム市場のニーズに応えます。グローバルな顧客データプラットフォームの市場規模は、2020年の23億7800万米ドルから2025年までに102億9000万米ドルに成長し、2020年から2025年までのCAGRは34.0%になると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]