リチウム化合物の市場規模、2025年には135億米ドルへ、CAGRも20.6%で成長すると予測

リチウム化合物市場は、2020年の53億米ドルから2025年には135億米ドルに達し、CAGR20.6%で成長すると予測されています。リチウムイオン電池、ガラス・セラミック、ポリマー、潤滑剤などの用途から、リチウム化合物の需要が市場を牽引すると予想されています。

誘導体別では、炭酸リチウム分野が最大のシェアを占める

誘導体別では、炭酸リチウム分野が2019年に最大のシェアを占めています。炭酸リチウムは、金属酸化物の処理に広く使用される炭酸リチウム塩です。これは、ブライン(かん水)から抽出される最初のリチウム化合物であり、生産過程で発生する最初の化合物です。つまり、他のリチウム誘導体の構成要素となります。炭酸リチウムは、ガラス・セラミック、アルミニウム製造、医薬品、リチウムイオン電池など様々な用途に使用されています。また、オーブン用ガラスに使用されるシリカの融点を下げるためにも使用されています。セラミックス用途では、色や光沢を出すために使用されています。リチウムイオン電池用途からの炭酸リチウムの需要が市場を牽引すると予想されています。

リチウムイオン電池が最終用途別市場を支配

最終用途別では、2019年にリチウムイオン電池部門が最大のシェアを占めました。リチウムイオン電池は、ニッケル-カドミウムなどと比較して、単位重量あたりの電力を多く蓄えることができるため、電気自動車分野の必須要素となっています。以前は、ニッケルカドミウムやニッケル水素電池が、コンピュータや携帯電話に使用されていました。しかし、これらの電池エネルギーは、電力効率が悪く、駆動時間も短い上、重量もリチウム電池より重いものでした。リチウムイオン電池は、従来の鉛蓄電池と比較して、エネルギー密度が高く、実行時間が長く、寿命が長いため、現在のエネルギー市場の要望を満たすことができます。

パリ気候協定に基づき、多くの政府が二酸化炭素排出量を削減するために電気自動車の使用を奨励しています。電気自動車は、エネルギー源として唯一、リチウムイオン電池を使用しているため、排気ガスによるゼロエミッションを実現しています。ノルウェー、アイスランド、中国、英国などの政府は、電気自動車の購入者に多額の補助金と税金の免除を提供しており、この分野の成長を後押ししています。

地域別では、アジア太平洋地域が最大のシェアを占める

地域別では、2019年にアジア太平洋地域が世界のリチウム化合物市場で最大のシェアを占めました。自動車における新しいエネルギー貯蔵用途、グリッド接続型エネルギー貯蔵の需要の高まり、消費者向け製品の高い需要が、市場の風向きを変えると予想されます。中国、日本、韓国、タイ、台湾などのアジア太平洋諸国にみられる大規模な経済拡大と電子機器や電気自動車産業の隆盛が、同地域における最速成長の要因となっています。現在、中国はアジア太平洋地域最大のリチウム化合物市場です。この市場は、金額と数量の両方で最高のCAGRを記録すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]