物理ID・アクセス管理の世界市場、2025年までに15億3500万米ドルに成長予測


物理ID・アクセス管理の世界市場は、製品の提供、買収、およびパートナーシップの開発に関して、急速な業界成長を経験しています。 AlertEnterprise、HID Global、IDCUBE Identification Systems、Micro Focus PLC、Okta、IBM、Oracle、AWSなどのベンダーは、高い市場シェアを獲得するために多数の成長戦略を採用しています。これらの成長戦略には、買収、新製品とサービスの発売、製品とサービスの強化、ビジネスの拡大が含まれます。


物理ID・アクセス管理の世界市場は、コンポーネント、サービス、組織の規模、業種、地域ごとに区分されています。コンポーネントセグメントは、ソフトウェアとサービスに分類されます。サービスセグメントは、コンサルティング、実装と統合、メンテナンスとサポートに分かれています。組織の規模によって、市場は中小企業(SME)と大企業に区分されています。垂直セグメントは、主に情報技術(IT)およびIT対応サービス(ITeS)、通信、政府および防衛、BFSI、医療、輸送、教育などに分割されます。レポートには、北米、ヨーロッパ、APAC、MEA、およびラテンアメリカの地域が含まれます。物理ID・アクセス管理の世界市場は、2020年までの複合年間成長率(CAGR)が14.2%で、2020年の7億8900万米ドルから2025年までに15億3500万米ドルに成長すると推定されています。

物理ID・アクセス管理の世界市場の成長は、インサイダーの脅威、さまざまな規制やコンプライアンスのニーズの増加、不正なアクセスや組織内のデータ侵害に関連するセキュリティ上の懸念など、さまざまな要因によって促進されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]