ログ管理の世界市場、2025年までに37億1600万米ドルに成長予想

MarketsandMarketsは、グローバルログ管理市場をコンポーネント(ソリューションとサービス)、組織の規模、展開モード、業種、地域ごとにセグメント化しました。コンポーネントセグメントは、ソリューションとサービスに分かれています。サービスは、プロフェッショナルサービスとマネージドサービスにさらに分類されます。組織規模セグメントは、大企業と中小企業(SME)に分類されます。展開モードには、クラウドとオンプレミスが含まれます。

全体的なログ管理市場は、北米、APAC、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、およびMEAの5つの地域で調査されています。収益の面では、北米は地域全体でログ管理の概念が早期に採用された結果、市場への最大の貢献者になると予想されています。さらに、米国およびカナダの連邦政府が主導するガイドラインにより、この地域の組織は企業戦略の一環としてログ管理ソリューションとサービスを採用するようになりました。 APACは、クラウドおよび仮想化された環境がエンドユーザー全体に急速に採用されるため、予測期間中に最高の複合年間成長率(CAGR)で成長すると予想されます。ログ管理の世界市場の規模は、2020年までに19億2,500万米ドルから2025年までに37億1600万米ドルに成長すると予想されています。2020年から2025年までのCAGRは14.1%です。市場の成長は、サイバー攻撃の増加、発展途上経済圏でのサイバー意識の高まり、およびさまざまな業種で事業を展開しているグローバル組織の規制順守の高まりに起因する可能性があります。

ログ管理の世界市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]