レオロジー改質剤の市場規模、2024年までに86億米ドルに達すると予測

増粘剤、再増粘剤、または流動制御剤としても知られるレオロジー改質剤は、製品の粘度を変更して、所望のレオロジープロファイルを満たすために使用されます。主に4つのタイプのレオロジープロファイルがあります。レオロジー改質剤は、仕様を満たすためにさまざまな化学的性質に基づいて処方されます。これらは、いくつかの産業の配合添加剤として機能し、利用可能な代替品はありません。レオロジー改質剤の市場規模は2018年に70億米ドルであり、2024年までに86億米ドルに達すると予測されています。

レオロジー改質剤の市場

塗料とコーティングは、レオロジー改質剤の最大の用途であり、2018年の量では47%のシェアを占めています。自動車、建設、家具、金属、その他の類似産業は、塗料とコーティングのエンドユーザーの一部です。これらの最終用途産業の成長により、塗料とコーティングの需要が高まり、その結果、レオロジー改質剤の需要が高まります。接着剤とシーラントは、レオロジー改質剤の主要な用途の1つでもあります。

レオロジー改質剤は、主に薬用クリームと軟膏で使用されます。局所薬物送達は大部分の皮膚疾患の治療の第一線であるため、今後数年間で高度な局所製品の需要が増加すると予想され、これがレオロジー改質剤の需要を促進しています。

可処分所得と購買力の増加は、中国、ブラジル、インドなどの先進国と発展途上国のほとんどで消費者のライフスタイルに大きな変化をもたらしました。 衛生、美容、健康に関する意識は着実に高まっています。 たとえば、以前は都市部で使用されていた高級なスキンケア製品やヘアケア製品が、インドや中国の遠隔地の農村部にも浸透しています。 この消費パターンの変化は、化粧品およびパーソナルケア市場を促進し、それにより、レオロジー改質剤市場の成長見通しを押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]