世界のグライコミクス市場、2025年までに20億3千万米ドルに達すると予測

世界のグライコミクス市場は、2020年の10.6億米ドルから2025年までに20億3千万米ドルに達すると予測されており、2020年から2025年の予測期間中のCAGRは13.8%です。この市場の成長は主に研究開発費と資金の増加やプロテオミクスおよびグリコミクスの研究、プロテオミクス市場の成長、およびグライコミクス機器の技術的進歩があげられます。 ただし、ツールの高コストは、予測期間中のグローバルなグライコミクス市場の成長にとって大きな課題になると予想されます。


グライコミクス市場は、酵素、機器、キット、炭水化物、試薬および化学物質の5つの製品セグメントに分類されます。 酵素セグメントは2020年に市場を支配すると予想され、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測されます。 このセグメントの大きなシェアと高い成長は、酵素の消耗性と、さまざまな研究開発および創薬手順におけるそれらの幅広い用途に起因する可能性があります。

アプリケーションに基づいて、グライコミクス市場は、創薬および開発、疾患診断、およびその他のアプリケーションに分割されています。 創薬と開発は、主に製薬会社やバイオテクノロジー企業への研究開発投資の増加と、学術研究機関での創薬研究活動の増加により、グライコミクス市場で最大かつ最も急成長している応用分野です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]