工業用酵素、さまざまな産業での酵素の技術的な使用が促進

酵素はタンパク質の形で発生する生物学的触媒であり、細胞代謝に関連するさまざまな化学反応を触媒するために細胞によって使用されます。工業用酵素市場は、産業に基づいて、バイオ燃料、澱粉、織物と皮革、紙とパルプ、およびその他の産業(化粧品、廃水と廃水処理、油田とファインケミカルなど)に分割されています。酵素の商用ソースは、動物組織、植物、微生物の3つの主要ソースから取得されます。天然に存在する酵素は、食品用途または産業用途に十分な量で容易に入手できません。しかし、目的の酵素を産生し、生育条件を最適化する微生物株を分離することにより、発酵プロセスにより商業的な量の酵素を得ることができます。酵素の使用は、より低い製造コストとより少ない廃棄物とエネルギー消費でより高い製品品質を提供するのに役立ちます。酵素が所望の技術的効果を達成する程度は、酵素が触媒であるため、用量、温度、時間などのさまざまな手段で制御でき、反応を達成するために添加される量は比較的少ない。たとえば、酵素を使用すると、危険性の低い化学物質が必要になります。さらに、酵素の使用により、製品の品質が向上し、水とエネルギーの消費量が減少し、化学物質と廃水の排出量が減少し、労働者の有害化学物質の取り扱いが減少します。したがって、これらの要因が市場を牽引すると予想されます。

酵素は、温和な反応条件での操作から、並外れた製品選択性、より低い環境および生理学的毒性に至るまで、いくつかの明確な利点があるため、産業規模の触媒作用にとって非常に効率的な生体触媒です。 これは、さまざまな産業での酵素の技術的な使用を促進しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]