化粧品包装の世界市場、2025年までに609億800万米ドルに達すると予測

化粧品包装市場は、種類、材料、用途、および地域に基づいて分類されています。タイプに基づいたセグメンテーションには、ボトル、ジャー、チューブ、ブリスター&ストリップパック、コンテナ、折りたたみカートン、エアゾール缶、フレキシブルプラスチックなどが含まれます。この調査の材料は、ガラス、金属、紙ベース、硬質プラスチック、および柔軟な包装で構成されています。このレポートで検討されている化粧品包装の用途には、スキンケア、ヘアケア、カラー化粧品、サンケア、オーラルケア、および香料と香水が含まれます。主要地域に基づいて、化粧品包装の市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、中東およびアフリカ、南アメリカに分割されています。 APAC地域は、価値と量の両面で2019年にすべての地域の中で最大のシェアを占めました。

この業界の成長を妨げる特定の要因が市場に存在しています。原材料価格の変動、および化粧品包装に関する政府の規制または制限は、市場の成長を妨げると予想されます。ただし、美容およびパーソナルケア製品への消費者支出の増加は、市場での化粧品包装の成長を後押しすると予想されます。化粧品包装の市場は、2019年に477億2300万米ドルで評価され、2025年までに609億800万米ドルに達すると予測されています。APAC地域の市場は、予測期間中、価値に関して6.04%の最高CAGRで成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]