サブスクリプション・課金管理の世界市場、2025年までに78億1300万米ドルに成長予測

サブスクリプションおよび課金管理市場の成長は、サブスクリプションビジネスモデルの採用の増加、サブスクライバーのチャーンの削減と顧客維持の改善に対する需要の増加、コンプライアンスの遵守の必要性の増加など、いくつかの要因に起因します。ただし、クラウドデータのセキュリティとプライバシーの懸念、支払いの不均衡、一貫性のある定期的な支払いインフラストラクチャの欠如、および特にスタートアップとSMEでの社内サブスクリプション請求プラクティスの普及は、サブスクリプションおよび請求管理市場が直面する課題の一部です。サブスクリプションおよび請求管理の市場レポートは、コンポーネント(ソフトウェアおよびサービス)、展開の種類、組織の規模、業種、および地域に基づいて分割されています。サブスクリプションおよび請求管理ソフトウェアは、北米およびヨーロッパでより広範囲に使用されており、急成長しているAPAC市場がそれに続きます。一方、サブスクリプションおよび課金管理ソフトウェアおよびサービスの採用率はラテンアメリカで増加しており、MEAは徐々にプラスの成長を見せています。ただし、これらの地域では、サブスクリプションエコノミーの高まりに伴い、サブスクリプションおよび課金管理ソフトウェアとサービスも徐々に採用されます。クラウドベースのソフトウェアの出現は、新興地域およびコストに敏感な中小企業向けのソフトウェアの展開を推進しています。サブスクリプションおよび請求管理ソフトウェアの採用は、請求税の適用やロールオーバーの計算など、人間の不正確さを克服するソフトウェアに投資するのに十分な資本があるため、大企業の中でも特に多くなっています。

上の図は、予測期間中のグローバルなサブスクリプションおよび課金管理ソフトウェア市場を示しています。 市場は、2020年の40億5400万米ドルから2025年までに78億1300万米ドルに成長すると予測されており、予測期間中のCAGRは14%です。 この成長を促進する主な要因は、サブスクリプションビジネスモデルの採用の増加、加入者の解約と顧客維持率の改善に対する需要の増加、コンプライアンス遵守の必要性の高まりです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]