世界の気筒休止システム市場、2025年までに51億米ドルに達すると予測


企業による最近の開発と買収により、シリンダーの気筒休止システムの市場が拡大しました。 2019年10月、イートンは規制テストサイクルと気筒休止システムテクノロジーの実際の使用を発表しました。CDAは、商用車メーカーが2024年と2027年の米国の排出規制を満たすか超えるのを支援する上で重要な役割を果たすことが期待されています。別の開発では、アクチュエーターの大手メーカーであるFTE Automotiveが2017年10月にヴァレオに買収されました。気筒休止システムには、エンジンコントロールユニット、バルブソレノイド、スロットル制御などのさまざまなコンポーネントの使用が含まれます。エンジン制御ユニットは、このプロセス全体の頭脳として機能し、操作用にプログラムされています。同様のプログラムは、米国のTula Technologyによって開発されました。 「ダイナミックスキップファイア」テクノロジーは、Delphi Technologiesの気筒休止システムハードウェアとTula Technologyが開発した独自のソフトウェアを組み合わせて、巡航条件でのトルク要件を満たすために必要なシリンダーを正確に発射する高度なバルブトレインシステムです。 DSFソフトウェアとエンジン制御アルゴリズムは、トルク要件を満たすために必要なシリンダー数を発火させることにより、最適なエンジンと燃料効率を生み出します。各燃焼はピーク出力と燃焼効率で行われるため、DSFは燃料の使用を最小限に抑え、CO2排出を削減します。


世界の気筒休止システム市場は1.9%のCAGRで成長し、2020年までに推定46億米ドルから2025年までに51億米ドルに達すると予測されています。気筒休止システム市場の主要なプレーヤーはボッシュ(ドイツ)、コンチネンタル(ドイツ)、Delphi Technologies(英国)、Schaeffler(ドイツ)、およびEaton(アイルランド)などが含まれ、これらの企業には、グローバルレベルで強力な流通ネットワークがあります。さらに、これらの企業は広範な製品を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]