スマートセンサー市場 – 2025年までに880億米ドルに達すると予測

スマートセンサーは、化学、石油およびガス、ビルオートメーション、産業オートメーション、航空宇宙および防衛、生物医学およびヘルスケア、自動車など、監視、測定、および制御の目的でいくつかの業界で使用されています。スマートセンサーは、センサーと回路が一緒に動作するデバイスです。スマートセンサーは、マルチタスクとデータコンピューティングを実行できます。これらのセンサーは、トランスデューサーや信号処理デバイスだけでなく、正確でタイムリーな判断を下すために必要な情報を提供するのにも役立ちます。スマートセンサー市場は2019年に370億米ドルと評価され、2025年までに880億米ドルに達すると予測されています。予測期間中に19.0%のCAGRで成長すると予想されます。いくつかの産業の中で、2019年の家庭用電化製品、産業オートメーション、およびビルオートメーションは、それぞれ~24%、~18%、~12%の主要な市場シェアを占めています。スマートセンサー市場は、家電製品のスマートデバイスに対する需要の高まり、デバイスの測定と制御の重要性の高まり、およびこれらの分野におけるセキュリティと監視に対する関心の高まりです。

家電は、市場プレーヤー間の競争が激化する、急速に変化するダイナミックな業界です。現在の市場シナリオでは、家庭用電化製品のメーカーは、ユニークで差別化された製品を市場に投入するという大きな圧力にさらされています。スマートセンサーは、さまざまな種類の家電製品で利用される重要なコンポーネントの1つであり、ユーザーの快適性と最大限の制御を保証します。スマートセンサーは、主にモバイルデバイス、HVACシステム、ラップトップ、ウェアラブルデバイスなどの製品で使用されます。自動車部門では、スマートセンサーが乗客の快適性、エンジン効率、および車両性能の向上に役立ちます。

信頼性が高く、高性能で低コストのセンサーに対する需要の高まりにより、マイクロテクノロジーやナノテクノロジーなどの新技術の開発が促進され、特に小型化、低消費電力、大量生産などのメリットが得られます。主要なスマートセンサーのいくつかは、温度、圧力、タッチ、およびイメージセンサーです。これらのデバイスは、ヘルスケア、自動車、家庭用電化製品業界で絶大な人気を得ています。スマートセンサーのアプリケーションの成長は、この市場の成長を促進しています。

スマートセンサー世界市場の主要動向
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]