無水マレイン酸の世界市場 – APACが牽引

APACの無水マレイン酸市場は、2019年から2024年の間に価値の点で最高のCAGRを記録する見込みです。2018年の世界の無水マレイン酸市場の62.1%のシェアを占めています。APACの市場の成長は主に成長している建築および建設および自動車産業によって推進されています。APACの最終用途産業の成長、急速な工業化、原料の入手可能性、および人々の生活水準の向上が、無水マレイン酸市場を牽引しています。

北米の無水マレイン酸市場は、成熟した最終用途産業とベンゼンベースの無水マレイン酸の使用を制限する厳しい政府規制により、予測期間中は緩やかな成長になると予想されます。欧州と北米の市場は成熟期に向かっています。したがって、彼らはAPACよりも遅い成長率になることが予測されています。

中東およびアフリカの市場は、急速に成長している建築および建設および自動車産業により、2019年から2024年の間に価値で2番目に高いCAGRを記録する見込みです。活況を呈している自動車産業は、国際的な自動車メーカーを惹きつけて、この地域に製造および流通センターを設立し、無水マレイン酸の需要を増やす可能性があります。また、中東およびアフリカは、無水マレイン酸製造会社に有利な機会を提供します。これは、世界的に新興市場の1つであるためです。

無水マレイン酸市場は細分化されているため、競争が激しく、Huntsman International LLC(米国)、Changzhou Yabang Chemical Co.、Ltd.(中国)、Shanxi Qiaoyou Chemical Co.、Ltd.(中国)、Polynt-Reichhold Group(イタリア)、Zibo Qixiang Tengda Chemical Co.、Ltd. )、およびGulf Advanced Chemical Industries Co.、Ltd.(GACIC)(サウジアラビア)が市場の大きなシェアを占めています。地元の小さなプレーヤーはかなりの市場シェアを持っています。主要市場のプレーヤーは、市場シェアを獲得し、グローバル市場での地位を強化するための主要な成長戦略として、事業拡大および提携を採用しています。

無水マレイン酸世界市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]