サービスロボットの需要増加 – 中国や日本などの国で

サービスロボット市場は、環境に基づいて空中、地上、海洋に区分されています。通常、無人航空機または無人機と呼ばれる空中車両は、人間のパイロットがいない航空機です。地上ベースのロボットは、医療、ロジスティクス、パーソナルサービスなどのアプリケーションで人間が存在することなく、地球の表面で使用できます。無人船舶はさらに、自律型水中車両(AUV)、遠隔操作車両(ROV)、および無人水上車両(USV)に分類されます。

2019年、地上サービスロボットが51.6%のシェアで市場を支配しました。地上ロボットは、手術、清掃、高齢者の介護やテレプレゼンスと支援によるコミュニケーションなどのアプリケーションに使用されます。核家族と世界人口の増加に伴い、世帯数が増加し、掃除機ロボットの需要が増加しています。世界経済フォーラム2018によると、「世界は今後80年間で20億の新しい家を建てる必要があります。」また、世界中の高齢化人口の増加により、特に中国や日本などの国では支援ロボットの需要が増加しており、手頃な価格が掃除ロボットの市場を牽引しています。

空中環境は無人航空機(UAV)/無人機で構成されています。ドローンは、主に2つのカテゴリー、すなわち、プロフェッショナル(商業)と個人および家庭(消費者)に分類されます。商業用ドローンは、2019年に空中環境の市場を支配しました。この優位性は、消費者用ドローンよりも高い商業用ドローンの販売価格と相まって、農地の調査や交通監視などのアプリケーションへの商用ドローンの採用の増加に起因します。ドローンは、固定翼、回転ブレード、およびハイブリッドドローンに分類できます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]