収益管理市場、2024年までに224億米ドルに成長すると予測


グローバルな収益管理市場は、コンポーネントに基づいてソリューションとサービス、展開モード、業種、および地域に分割されています。ソリューションセグメントは、請求と支払い、価格管理、収益保証と不正管理、チャネル管理にさらに分類されています。同様に、サービスセグメントは、プロフェッショナルサービスとマネージドサービスを対象としています。垂直セグメントは、通信、輸送、ホスピタリティ、ヘルスケア、小売および電子商取引、公益事業、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、およびその他(メディアおよびエンターテイメント、製造業)に分類されています。市場調査は、地域に基づいて、北米、ヨーロッパ、APAC、MEA、およびラテンアメリカにセグメント化されています。この市場の主要企業は、アクセンチュア、アムドックス、エリクソン、ネットクラッカー、オラクルです。さまざまな重要な調査結果と市場のダイナミクスに基づいて、収益管理市場はすべての利害関係者に予測期間中にこの市場に投資する大きな機会を提供します。グローバルな収益管理市場は、2019年の145億米ドルから2024年までに224億米ドルに成長すると予測されており、予測期間中の複合年間成長率(CAGR)は9.6%です。ますます成長する能力を備えた小規模の新興プレーヤーは、予測期間中に主要なテクノロジーベンダーとの厳しい競争をもたらすと予想されます。 MarketsandMarketsによると、ソリューション、サービス、展開モード、および業種が市場のエコシステムで主要な役割を果たしています。


市場の地域分析は、北米、ヨーロッパ、APAC、MEA、およびラテンアメリカを対象としています。北米は2019年に最も高い市場シェアを保持していると推定されます。スプレッドシートベースのRMSと政府規制の置き換えは、北米の収益管理市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]