世界の蘇生機器市場、2025年までに87億630万米ドルに達すると予測

世界の蘇生機器市場は、CAGR 4.7%で2020年の69億3250万米ドルから2025年までに87億630万米ドルに達すると予測されています。標的疾患の有病率の増加、救急医療の需要の増加、公共アクセス除細動器の提供への注目の高まり、早産の発生率の高さ、除細動器のトレーニングと意識向上プログラムは、蘇生機器市場の成長を牽引する主な要因です。一方、自動体外式除細動器の使用および新生児に対する特定の製品の有害な影響に関連する問題により、予測期間中にこの市場の成長が抑制されると予想されます。このレポートでは、蘇生装置市場は製品、患者の種類、エンドユーザー、および地域に基づいて分割されています。

製品タイプに基づいて、蘇生装置市場は外部除細動器、気道管理装置、対流加温毛布、および他の蘇生装置に分割されています。 2019年には、気道管理装置セグメントが蘇生装置市場の最大のシェアを占めました。このセグメントは、CAGR 4.1%で、2020年の37億3940万米ドルから2025年までに45億7320万米ドルに達すると予想されています。慢性呼吸器疾患の有病率の上昇、救急医療の需要の増加、早産の発生率の高さは、気道管理デバイスの需要を促進する主な要因です。

エンドユーザーに基づいて、蘇生装置市場はさらに病院、ASC、および心臓センターに分割されています。入院前のケア設定;および他のエンドユーザー。病院、ASC、および心臓センターは、2019年に蘇生機器市場で最大のシェアを獲得しました。このエンドユーザーセグメントの大きなシェアは、バルク購入の増加傾向に起因し、除細動器の購入/実装に関する寄付数が増加しています。入院前ケア設定セグメントの成長を抑制する主な要因の1つは、新興国における気管切開チューブ、人工呼吸器、除細動器などの重要なデバイスの採用が少ないことです。

蘇生装置世界市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]