シリコン電池の市場規模、2025年に1億7700万米ドル突破予測 CAGRは36.2%で推移見込み

シリコン電池の市場規模は、2020年の3800万米ドルから2025年には1億7700万米ドルに拡大すると推定されており、予測期間中は36.2%のCAGRで成長すると予想されています。リチウムイオン電池の改善につながるシリコンベースアノードの優れた機能、家電製品における採用の増加、さまざまな組織や電池メーカーによる研究開発イニシアチブの成長、他の金属製アノードよりも高いエネルギー密度などが同市場の成長を後押ししていると考えられています。

Silicon Anode Battery Market

電池容量別では、3,000mAh – 10,000mAhが最も高いCAGRで成長予測

容量ベースでは、3,000mAh – 10,000mAhが予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。この範囲のシリコン電池は、大容量で他に類を見ない性能を備えているため需要が高く、2番目に多く使用されています。3,000mAhから10,000mAhの容量を持つシリコン電池は、家電製品、電気自動車、電動工具、航空など、多くの産業で個々のセルまたは電池パックモジュールの形で使用されています。これらの電池には、85%から90%の高いサイクル効率があり、200以上のサイクルに安定したサイクル性能があります。

アプリケーション別では、家電製品が市場を牽引

アプリケーション別では、2019年に家電製品がシリコン電池業界を支配しました。家電製品は、信頼性と優れた性能を確保するために携帯用電源への依存度が高く、リチウムシリコン電池はこうした現代のガジェットの理想的な選択肢となっています。Huawei(中国)のような新興企業が次世代リチウムイオン電池を開発しており、高エネルギー密度、高出力密度、電池寿命の長いセルの開発に力を入れています。さらに、家電製品における継続的な技術開発が、当市場の成長を後押ししています。

APACがシリコン電池業界を支配

2019年のシリコン電池市場はアジア太平洋地域(APAC)が独占しました。自動車、家電、再生可能エネルギー産業が、同地域の先進的な電池の需要を牽引すると予想されています。APACのウェアラブルデバイスや家電製品部門で使用される技術の進歩が、同地域のシリコンアノード電池市場の成長を後押ししています。リチウムイオン電池最大の生産国としての中国の台頭、電気自動車や再生可能エネルギー源の採用の増加、APACの様々な国による新しい電池技術の研究開発活動の増加なども、シリコン電池市場の成長を推進しています。

2019年のシリコン電池市場では、欧州が2番目のシェアを占めました。電池生産の研究開発に対する広範な投資、ドイツにおいて確立された自動車部門、先進国での電気自動車の高い採用率、および電池生産の増加を目指す政府の投資が、欧州地域の市場を牽引する主な要因となっています。また、バッテリー駆動車の使用を奨励するための政府の取り組みや政策も、同地域におけるシリコンバッテリーの需要増加の原動力となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]