高温断熱材の市場規模、2024年には89億米ドルへ、CAGRも8.2%で成長すると予測

高温断熱材市場は、2019年の60億米ドルから2024年には89億米ドルに達し、CAGR8.2%で成長すると予測されます。同市場は、石油化学、セラミック、ガラス、アルミニウム、鉄鋼など、さまざまな産業における需要の拡大に牽引されています。

石油化学産業が最大の市場シェアを占めると予想される

石油化学産業の急成長は、発展途上国において、タービン、電気自動車部品、ソーラーパネルなどのエネルギーシステムに石油化学製品が使用されている事に牽引されています。石油化学メーカーの新製品に対する生産能力が拡大し、高温断熱材の需要が高まることが期待されています。

セラミック繊維部門が、タイプ別で最大の成長

タイプ別に見ると、セラミック繊維部門は大きな成長を遂げると予想されます。この成長は、セラミック繊維の軽量性や柔軟性、および排出レベルを大幅に低減できる断熱材としての特性に起因すると考えられます。

APAC(アジア太平洋地域)が最大の市場シェアを占める

APACは、高温断熱材の市場として急速に成長しており、市場全体に大きな成長機会を提供すると予想されます。エンドユ-ス産業の製造基盤のシフト、外国投資の増加、製造施設の新設が、この地域の市場を拡大する要因と予想されます。RHIマグネシータ、ETEX、カルデリスなどの高温断熱材メーカーは、エンドユ-ス産業からの高い需要に応えるため、この地域の製造施設への投資と拡張を行っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]