LNG貯蔵タンク市場、タイプ別では自立型、素材別では鉄鋼セグメントが市場を牽引予測 

LNG貯蔵タンクの市場規模は、2020年に125億米ドルに達し、CAGR7.0%で成長を続け2025年には175億米ドルまで拡大すると予測されています。電力、エネルギー、鉄鋼などの最終用途産業におけるLNG需要の増加が、LNG貯蔵タンク市場の成長を牽引しています。

タイプ別では、自立型が市場を牽引

タイプ別では、自立型セグメントが2020年のLNG貯蔵タンク市場で大きなシェアを占めると予想されています。当セグメントの成長は、LNGの取引増加やエネルギー・電力最終用途産業におけるLNG需要の増加に起因しています。さらに、船舶でのLNG輸送の増加が予測期間中の需要を牽引すると予想されています。

素材別では、鉄鋼セグメントが最大シェア予測

素材別では、鉄鋼セグメントが2020年に最大シェアを占めると予想されています。耐久性、耐腐食性、優れた靭性、極低温での低熱伝導率など、鉄鋼の優れた特性が同セグメントの成長を支えていると考えられます。さらに、鉄鋼は、冷蔵を必要とする用途や、液化天然ガスを貯蔵するための低温条件を作り出す用途にも使用されています。これらの要因により、鉄鋼は予測期間中において同市場の需要を牽引すると予想されています。

アジア太平洋地域が最大市場を形成する見込み

アジア太平洋地域(APAC)では、鉄鋼、電力、エネルギーなどの様々な最終用途産業でLNG貯蔵タンクの使用が増加しているため、地域別で最大シェアを占めていると同時に、急成長している市場でもあります。さらに、LNG貯蔵施設への投資の増加や、LNGの再ガス化の増加も、同地域の成長を牽引しています。また、中国やインドなどでは、製造業の規模が拡大しています。これらの要因により、APACのLNG貯蔵タンクの需要は予測期間中に増加する見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]