プレシジョン・ソース/メジャーユニット市場、自動車産業と医療産業需要が牽引、2019年から2024年までCAGR10.1%で推移し、6億3,700万米ドル規模へ成長予測 

プレシジョン・ソース/メジャーユニット(SMU)市場規模は、2019年に3億9,400万米ドルに達しました。2019年から2024年までCAGR10.1%で成長し、市場規模は6億3,700万米ドルに到達すると予測されています。プレシジョンSMU産業の成長は、SMUのハイレベルな統合と柔軟性、そして自動車産業と医療産業からの需要の増加が要因と考えられています。

アプリケーション別:自動車セグメントは最速成長をみせる予測

自動車アプリケーションセグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予測されています。製造に大規模な自動化を採用している自動車産業では、増加する自動車搭載電子部品の検査に対応するためにプレシジョンSMUを使用して、自動車試験アプリケーションでのマルチポイント測定を行います。自動車業界での自動化の採用の増加は、予測期間中、自動車セグメントのプレシジョンSMU市場を牽引すると予想されます。

電流範囲別:1マイクロアンペア – 1ミリアンペアの電流範囲が最速で拡大の見込み

電流範囲別では、1マイクロアンペアから1ミリアンペアが予測期間中に最も急成長を遂げると予測されています。北米およびアジア太平洋地域の半導体産業での検査と測定ソリューションに対する需要の高まりが、予測期間中の1マイクロアンペアから1ミリアンペアのプレシジョンSMU市場を牽引すると予想されています。

Source Measure Unit Market

地域別:北米は最大市場になる予測

北米市場は予測期間中、最速で成長すると予測されています。この地域の市場を牽引するのは、航空宇宙、防衛・政府サービス、自動車、エネルギーなどのさまざまなエンドユーザー産業からの需要と予想されます。コネクティッドカーや高度道路交通システムへの移行もまた、この地域のプレシジョンSMU市場を牽引すると見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]