大気質モニタリングシステムの市場規模、2025年には60億米ドルに、CAGRも5.6%で成長すると予測

大気質モニタリングシステム市場は、2019年の43億ドルから2025年には60億ドルに達し、CAGR5.6%で成長すると予測されています。AQMS(大気質モニタリングシステム)市場を牽引する主な要因としては、大気汚染の効果的な監視と制御のための政府支援、環境に優しい産業の発展に向けた取り組み、大気汚染と健康への影響に関する国民の意識の高まりなどが挙げられます。

製品別では、屋外空気質モニター部門が高い成長

製品別に見ると、市場は屋内モニター(固定式モニターとポータブルモニターで構成)、屋外モニター(固定式モニター、ポータブルモニター、粉塵モニター、微粒子モニター、AQMステーションで構成)、ウェアラブルモニターに分類されています。2018年のAQMS市場では、屋内モニターの部門が圧倒的なシェアを占めました。一方、屋外モニター部門は、大気汚染監視システムの産業利用の増加と、世界の様々な場所での屋外固定モニターの拡大により、最も高い成長率を示すと予想されます。

サンプリング方法別では、連続モニタリングが市場を支配

サンプリング方式に基づき、市場は連続サンプリング方式、受動サンプリング方式、間欠サンプリング方式、手動サンプリング方式、スタックサンプリング方式の5つに分類されています。2018年には、連続サンプリング方式が最大のシェアを占めました。これは、効果的な大気汚染監視のための政府規制の実施、先進的な連続監視システムの開発、および連続大気監視ステーションの大規模な設置基盤があることに起因しています。

エンドユーザー別では、政府機関と学術機関が市場を支配

エンドユーザー別に見ると、政府機関・学術機関、商業・住宅ユーザー、石油化学業界、発電所、製薬業界、スマートシティオーソリティ、その他に分類されます。2018年は政府機関・学術機関部門が最大シェアを占めています。厳しい環境規制の存在、効果的なAQMのための政府投資の増加、世界的なAQMステーションの設置などが、市場シェアに影響していると考えられます。

APAC(アジア太平洋地域)は最速で成長

大気質モニタリングシステム市場は、北米、欧州、アジア太平洋、その他の4つの地域に分類されています。APACは、主要な収益地域の一つです。同地域はまた、新興国の大規模な工業化、大気汚染規制の強化、先進的なAQM製品の開発と商業化のための政府の支援などにより、今後数年間で高い成長を示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]