マイクロマシニングの市場規模は2025年までCAGR6.2%でプラス成長の予測 電子デバイスの小型化が市場を牽引

2020年のマイクロマシニング市場の規模は24億米ドルと予測されており、2025年までのCAGRは6.2%で、市場規模は33億米ドルになると予想されています。電子デバイスの小型化に対する需要の増加、そして従来のアプローチよりもレーザーベースのマイクロマシニングへの人気の高まりが、市場の成長を牽引しています。

プロセス別:付加プロセスが最高の成長率を示す予測

付加機械加工または付加製造は、3Dプリンティングとも呼ばれます。付加マイクロマシニングは、化学蒸着(CVD)、電着、エピタキシャル、物理蒸着(PVD)の表面マイクロマシニングにさらに分けられます。

アプリケーションの柔軟性とカスタマイズした装置の量産を要因として、半導体・電子機器や医療・美容などの産業でのマイクロマシニングに3Dプリンティングの利用が増加し、付加プロセスは最高の成長率を示すと予測されています。

軸数別:最高の成長率を見せるのは5軸と予測

5軸マイクロマシニングは、その精度の高さから、高度に専門化された産業で使用されています。5軸の高い精度は、マイクロマシニングの材料の動きを軽減します。この利点は5軸マイクロマシニング市場の成長率を牽引しています。

産業別:自動車産業セグメントは2019年にマイクロマシニングの最大シェアを占有

マイクロマシニングのレーザー技術は、さまざまな自動車部品のシームレス溶接と接合に広く使用されています。自動車向け電子部品、そして電気自動車用ボルタ電池が、自動車産業セグメント市場を牽引しています。

地域別:北米は2019年のマイクロマシニングの最大の市場

米国、カナダ、メキシコを含む北米は、2019年、マイクロマシニングの大きな市場シェアを占有しました。この地域の大手企業は、自動車、航空宇宙・防衛などのさまざまな産業に、最も発展したマイクロマシニングを提供しています。北米の有名な企業であるゼネラルモーターズ、フォード、ゼネラルエレクトリック、ロックウェルオートメーション、コヒーレントなどは、マイクロマシン製品を幅広く使用しています。すべての主要企業の存在、強い産業需要、および安定した供給サイドが北米の市場を牽引しています。

Micromachining Market
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]