医療機器洗浄の市場規模、2025年には26億米ドルへ、CAGRも7.9%で成長すると予測

医療機器洗浄市場は、2020年の18億米ドルから2025年には26億米ドルに達し、CAGR7.9%で成長すると予測されています。これは、院内感染(HAI)の発生率の上昇、医療費の増加、医療分野における消毒・滅菌への注目などが主な要因となっています。

プロセス別では、自動洗浄分野が最高のCAGRを記録

プロセス別で自動洗浄部門は、最も高いCAGRを記録すると予想されています。生産性を高め、最短時間での作業を可能にする事で、市場の成長に大きく寄与しています。

用途別では、手術用器具分野が最大シェアを占める

用途別に見ると、手術用器具が市場の最大シェアを占めています。HAIsや慢性疾患の蔓延と負担の増加、高齢者人口の増加、手術件数の増加などが主な要因となっており、効果的な洗浄・消毒への需要が高まっています。

エンドユーザー別では、病院・診療所が最大のシェアを占める

エンドユーザーに基づくと、病院・診療所、診断センター、歯科診療所・病院、その他に分類されています。先進国では病院や診療所の数が増加しており、市場シェア拡大の要因となっています。病院と診療所は、最も高いCAGRで成長すると予測されています。

北米は市場を支配し続ける

2019年は北米が最大市場を占めており、米国における医療費の増加、HAIsの有病率の増加、老年人口の増加、確立された病院産業、慢性疾患の発生率の上昇などが、同地域の高いシェアの要因となっています。一方、アジア太平洋地域は、人口増加、メディカルツーリズムの拡大、医療インフラの改善などにより、最も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]