リチウムイオン電池リサイクルの市場規模、2030年には181億米ドルへ、CAGRも8.2%で成長すると予測

リチウムイオン電池のリサイクル市場は、2019年の15億米ドル、2025年の122億米ドルから2030年には181億米ドルに達し、2025年から2030年までのCAGRは8.2%と予測されています。電気自動車開発への投資は、リチウムイオン電池リサイクル市場にとって重要な要因の一つです。リチウムやコバルトなどの原材料の一部が入手しにくいため、ほとんどの企業がリチウムイオン電池のリサイクルを開始しています。 

自動車分野がリチウムイオン電池リサイクル市場を支配

リチウムイオン電池のリサイクル市場は、最終用途に基づいて、自動車用と非自動車用の2つに分類されています。非自動車用分野はさらに、産業用、電力用、海洋用などに分類されます。リチウムイオン電池市場では、自動車が最大の市場であり、産業用、電力用がこれに続きます。リチウムイオン電池は、自動車の動力として大量に使用されています。高いエネルギー密度と電力密度を提供するため、需要は増加しており、この傾向は予測期間中も続くと予想されています。

電池の化学的性質に基づき、リチウム・ニッケル・マンガン・コバルト(Li-NMC)部門が数量ベースでリードすると予測

2025年~2030年の予測期間において、電池の化学物質別では、リチウムイオンマンガン酸化物が最もリサイクルされる電池になると予測されています。電動工具、医療機器、電動パワートレイン向けにリチウムイオンマンガン酸化物電池の利用が増加していることが、市場の世界的な成長を牽引する主な要因となっています。

北米地域は金額、数量ともに市場をリード

北米地域は、2025年から2030年まで、金額、数量ともにリチウムイオン電池リサイクル市場をリードすると予測されています。北米地域の主要な市場は、米国とカナダです。この地域ではリチウムイオン電池リサイクルの需要が最も高く、この傾向は、予測期間中も続くと予測されています。同地域の大気排出基準に関して環境保護庁(EPA)が実施した厳しい規制が主な拡大要因と考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]