mヘルス (モバイルヘルス) ソリューションの市場規模、2025年には2,136億米ドルへ、CAGRも33.3%で成長すると予測

mヘルス (モバイルヘルス) ソリューション市場は、2020年の508億米ドルから2025年には2,136億米ドルに達し、CAGR33.3%で成長すると予測されています。スマートフォンの普及、3G/4Gネットワークの利用拡大、慢性疾患管理のためのコネクテッドデバイスやmヘルスアプリの利用増加、医療費削減への関心の高まり、患者を中心とした医療への関心、在宅医療サービスの需要などが、患者と医療従事者の双方のモバイルテクノロジーの利用を拡大する要因となっています。しかし、標準指標や規制の欠如、ヘルスケアアプリを選択する際の医師からの限られた指導、従来の医療提供者からの抵抗は、市場の成長を抑制する要因となっています。

製品・サービス別では、mヘルスアプリ部門が最大のシェア

2019年の市場では、mヘルスアプリ部門が最大のシェアを占めました。これは、スマートフォンやヘルスケアアプリの普及率が高まっていることと、世界中で慢性疾患や生活習慣病の発症率が上昇していることに起因していると考えられます。さらに、世界中の患者の間で健康管理や予防対策への注目が集まっている事により、mヘルスアプリの利用が拡大しています。

コネクテッド医療機器では、バイタルサイン監視機器が最大のシェア

バイタルサイン監視機器がコネクテッド医療機器市場を占有しました。バイタルサイン監視機器は、慢性疾患の有病率の増加、在宅でのバイタルサイン監視の需要、生活習慣病の医療費削減への関心などにより、コネクテッド医療機器市場でのシェアを占めました。

北米が市場を独占

mヘルスソリューション市場は北米が圧倒的なシェアを占め、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカがこれに続きます。北米の大きなシェアは、スマートフォン、タブレット、およびその他のモバイルプラットフォームの高い普及率、慢性疾患の管理のためのコネクテッドデバイスとmヘルスアプリの利用率の増加、革新的な技術の開発と採用、政府の開発構想、およびこれらの地域における大手企業の存在に起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]